ここから本文です

シンプル・マインズ、爆発事件翌日、マンチェスター公演を敢行

5/24(水) 12:40配信

BARKS

英国マンチェスター・アリーナで起きた爆発事件を受け、マンチェスターに限らず英国内の大都市での公演をキャンセルするミュージシャンが相次ぐ中、シンプル・マインズは事件翌日(5月23日)、マンチェスターでの公演を予定通り開催すると決めた。

◆シンプル・マインズ画像

マンチェスター市内にあるブリッジウォーター・ホールのステージに立ったフロントマンのジム・カーは、公演を開くべきか止めるべきかジレンマに陥ったと、オーディエンスに語ったそうだ。

「今朝起きたとき、下さなくてはならない決断があった。プレイすべきか、キャンセルして街を去るべきか? そうしても(止めても)、みんな、理解してくれたのは間違いない。でも、僕らは、それでは臆病なように感じたんだ。バンドやクルーと話し合った結果、みんながプレイしたがった」

彼らは、事件の被害者へ黙祷を捧げ、「被害者や家族を想い、音楽をプレイする」とパフォーマンスをスタートした。

公演(2,300人収容)はソールドアウトだったが、BBCによると、2割ほどは空席だったという。「理解はできるが、早過ぎる」「まだそういう気になれない」「簡単ではなかったが、テロに屈したくないから行く」「暴力に屈しないというところを見せたい」など、ファンからは様々な反応が寄せられた。

ミュージシャンの多くがシンプル・マインズと同じジレンマに陥り、それぞれの決断を下している。

会場がテロの標的となったアリアナ・グランデは、木・金曜日(5月25、26日)ロンドン公演が予定されているが、現在のところ、開催するのか中止するのか、正式発表はまだない。

Ako Suzuki

最終更新:5/24(水) 12:40
BARKS