ここから本文です

土屋太鳳、タキシード姿でイケメンの仲間入り 片寄涼太&千葉雄大らと胸キュンセリフ対決

5/25(木) 7:00配信

デビュー

 女優の土屋太鳳が24日、都内で行われた映画『兄に愛されすぎて困ってます』の完成披露試写イベントに、共演の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮とともに出席。タキシード姿で登場した土屋は、“兄系イケメンズ”の仲間入りを果たし、片寄らとの胸キュンセリフ対決で会場を沸かせた。

【写真】胸キュンセリフをささやく土屋太鳳ら

 小学館「Sho-Comi」にて連載中の夜神里奈作・同名少女マンガを実写映画化した本作。告白12連敗中の非モテ女子高生・橘せとか(土屋)に、突然モテ期が訪れ、大人な年上イケメン“兄系イケメンズ”が次々と登場する、甘く切なくちょっぴり危険なラブストーリー。

 主人公・橘せとかを演じた土屋は「心を込めて作り上げた映画が完成しました。短い時間ですが、素敵な時間をご一緒したいと思います」と挨拶。クールだけど実は優しいツンデレお兄・橘はるかを演じた片寄は「人生初の完成披露試写、めちゃくちゃ気合入ってます!」と宣言。せとかの初恋の相手で、毒舌なセレブ研修医・芹川高嶺を演じた千葉は「今日はみなさんにキュンキュンして帰ってもらえること間違いなしなので、期待して待っていてください」と客席の期待を煽る。

 ホスト系スウィートBOY・美丘千秋役の草川は「こんなにも早くみなさまに映画を見てもらえるということで、僕はとても興奮しております」と待ちきれない様子。高嶺の弟でせとかの同級生、ヘタレ系塩顔男子・芹川国光を演じた杉野は「役も中身もヘタレなんですけど、今日はパリッと決めてみました。どうでしょう?」と客席に問いかけ、「盛り上がっていきましょう!!」と会場を盛り上げた。

 土屋は「昨年の夏に“兄こま”がクランクインしたときから、橘せとかを全力で演じてきましたが、一方で、どの場面を演じるときも、将来この作品を観ていただく人に、男女関係なく、せとかの気持ちになってときめいていただきたいと願ってきました」とコメント。そして「みなさんには、せとかを観るのではなくて、せとかとして“兄こま”の世界を生きて、お兄たちの愛を感じてほしいです」と語り、「つきましては、私も“兄系イケメンズ”を目指して、みなさんに愛を届けるべく、この姿を選びました!」と、タキシード姿で登場した理由を明かした。

 そんな土屋のタキシード姿について千葉が「マジでカッコイイ!!(この中でも)抜群に太鳳ちゃんがカッコイイ!!」と絶賛すると、草川も「いや~ズルいですよね。可愛い部分もあるし、カッコイイ部分も持っちゃったら、無敵!」と惚れ惚れ。また「せとかになったつもりで観てほしい」と語った土屋の言葉を受け、片寄は「全国にたくさん、せとかが広がることを祈っています」と語ると、千葉は、会場内の大勢の“せとか”に対して「本当にこんなに可愛い方ばっかり集まっちゃって、もうどうしようって感じですよね~……冗談だよ!!」と役さながらのドS発言で、場を盛り上げる。

 本作は胸キュンセリフが満載ということで、この日のイベントでは、キャラクターになりきって、甘いセリフをささやく「胸キュンセリフ選手権」を実施。客席から選ばれた観客を相手に、それぞれが役になりきって、劇中の胸キュンセリフを披露。イケメンたちの甘いセリフの応酬に、客席からは黄色い声援が響き渡る。

 千葉が女性客の肩に触れ「本当のキスはあんなもんじゃない。大事にとっとけよ!」と言い放つと、胸キュンセリフを至近距離で言われた女性は「覚えてない」と放心状態。草川は人差し指を相手の唇に近づけ「ほかの男の話止めて。目の前には僕がいるんだから」と語りかける。すると杉野は「すごいね!! キュンキュンしちゃったよ!」と大興奮。続いて杉野が「せとか!頑張れ!!」ととびっきりの笑顔で語りかけると、草川は「国光っぽいね」と微笑む。

 片寄が顔を近づけ「せとか、このままバックレようか」とささやくと、相手役の女性客は「ドキドキしました」とうっとり。千葉も「いや~僕もバックレたいっすわ(笑)」と発言し、笑いを誘う。ラストを飾ったのは土屋。「イケボですね、あああ」と低い声を意識した発声練習や女性と打ち合わせを始める土屋に対して、片寄は「リハーサルするの止めて!あと、声の調整も止めてもらっていいですか?(笑)。誰もやってないから!」と訴える。

 そして改めて土屋は、女性客の目をまっすぐ見つめ「お前のこと本気で好きになってもいいか?」と高嶺の決めセリフを披露。恥ずかしさのあまり女性客にに抱きついてしまうと、すかさず片寄から「抱きついたらダメでしょ!」とツッコミが。相手を務めた女性客が「めっちゃカッコ良かったです。キュンキュンしました!」と感想を伝えると、土屋も「本当ですか? ありがとうございます!」と満面の笑みを浮かべた。

 最後に土屋は「スケジュールを含め、厳しい撮影でしたが、本当に完璧なお兄たちでした。これから皆様にはスクリーンで理想的な恋愛をご覧いただきますが、最高のラブコメディであるのと同時に、登場人物の成長物語でもあるので、そこにもぜひ注目していただきたいです」と語り、「ぜひ今日の感想をSNSや学校、お仕事の場でたくさん伝えていただいて、お兄たちの愛を少しでも大きく育ててください」と呼びかけた。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』は、6月30日より全国ロードショー。

最終更新:5/25(木) 7:00
デビュー