ここから本文です

30日、富岡へ移転 復興局帰還環境整備センター

5/24(水) 9:24配信

福島民報

 復興庁福島復興局の帰還環境整備センターは30日、川内村役場から富岡町役場に移転する。復興庁が23日、発表した。 
 福島県浪江町、飯舘村、川俣町山木屋地区、富岡町の4町村の居住制限区域と避難指示解除準備区域が今春解除されたことを受けた対応。解除地域の生活環境の整備や帰還困難区域の再生を見据え、地元市町村などとの調整をより広域的かつ円滑に行うため、双葉郡の中心に近い富岡町に拠点を移すことにした。 
 富岡町のセンターには福島復興局の担当次長をトップとし、常駐職員1人を含む担当者7人を配置する。 
 帰還環境整備センターは平成25年12月に川内村に設置された。田村、楢葉、川内、葛尾の4市町村など避難指示が先行的に解除された地域で住民の帰還に向けた課題解決に取り組んできた。 

福島民報社

最終更新:5/24(水) 9:33
福島民報