ここから本文です

8月オープン「尾瀬檜枝岐」 道の駅登録証伝達式

5/24(水) 9:25配信

福島民報

 8月に福島県檜枝岐村にオープン予定の道の駅「尾瀬檜枝岐」の登録証伝達式は23日、郡山市の郡山国道事務所で行われた。県内の道の駅は32カ所目。 
 大村敦郡山国道事務所長があいさつし、星光祥檜枝岐村長が「観光情報の伝達、旅行者の休息、災害時の避難などの拠点として役割を果たしていきたい」と述べた。大村所長が星村長に登録証を手渡した。道の駅駅長となる平野勝村観光課長が概要を説明した。磯松教彦県南会津建設事務所長が立ち会った。 
 道の駅「尾瀬檜枝岐」は檜枝岐村字見通の352号国道沿いに、「尾瀬の日」の8月30日に開所する予定。4月に新設した観光案内所「尾瀬檜枝岐山旅(やまたび)案内所」や既存の尾瀬の郷交流センター、木工品展示販売所などを合わせて道の駅とする。現在は駐車場の整備工事を進めている。 

福島民報社

最終更新:5/24(水) 9:36
福島民報