ここから本文です

永島勝司 ゴマシオ編集長のつぶやき 六十ニ言目『安生洋二くんが近く独立するらしい』

5/24(水) 21:24配信 有料

バトル・ニュース

久しぶりに「宿敵」と会った。名前は鈴木健氏である。ある雑誌の企画で俺と対談することになった。UWFインター前社長の、あの鈴木健氏。場所は氏が経営する用賀の焼き鳥屋。今では親友として付き合いをさせてもらっているが、あのUWFは新日本プロレス伝説の対抗戦がテーマだっただけに、中身は「ガチ対決」となった。

 実現までは紆余曲折あったが、今思い出しても衝撃的だったね。改めて思ったことは鈴木氏の格闘技にかける純粋な気持ちが異常に強かったことだね。いろんな駆け引きはビジネスをやる場合は当然のことだが、同氏は今でも純な気持ちが変わっていなかったのには驚いた。途中から安生洋二くんも入って面白かったな。
 あの10・9東京ドームの対抗戦で俺が好勝負にあげたのは安生対長州の試合だった。プロにはプロを知る典型的な一戦で、イベント後俺は安生の新日プロ入りを願ったが、あの鈴木健に反対されて消えてしまったが、それ以後も安生くんとはいい付き合いをさせてもらっている。
 思い出すのは、安生・鈴木組と、俺・越中詩朗組との「ゴルフ対決」だね。安生がグリーンの上で本文:2,117文字 この記事の続きをお読みいただくには、バトル・ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    515円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)