ここから本文です

岡山の学童保育指導員を逮捕 女子中学生にみだらな行為

5/24(水) 14:03配信

山陽新聞デジタル

 女子中学生にみだらな行為をしたとして、岡山県警少年課と赤磐署は24日、県青少年健全育成条例違反の疑いで同県勝央町で学童保育指導員を務める行正浩教容疑者(33)=同県和気町日笠下=を逮捕した。

 逮捕容疑は1月16、27日の夜、赤磐市内の駐車場に止めた軽乗用車内で、コミュニティーサイトで知り合った県内の中学3年女子(15)=当時=が18歳未満と知りながらみだらな行為をした疑い。容疑を認めている。

 県警によると、この女子が同様の被害に遭った別の事件を捜査中、行正容疑者が浮上した。

 学童保育を所管する勝央町健康福祉部などによると、行正容疑者は2015年10月からアルバイトで指導員を務めており、勤務態度は真面目で、トラブルも聞いたことがないという。同部は「逮捕の一報にただ驚いている。事実なら子どもを守るべき立場としてあってはならないこと。捜査の行方を見守りたい」としている。