ここから本文です

中邑がWWEマネー戦出場 AJとは初タッグで勝利

5/24(水) 16:49配信

スポーツナビ

 現地時間5月23日に米国オハイオ州トレドで開催された「スマックダウンLIVE」では、オープニングからコミッショナーのシェイン・マクマホンがリングに登場。米国時間6月18日に開催されるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」のマネー権争奪ラダー戦出場者を紹介した。AJスタイルズ、バロン・コービン、ドルフ・ジグラー、サミ・ゼイン、そして最後に中邑真輔がリングイン。さらに出場資格を主張したケビン・オーエンズを入れ、6人でマネー権を競い合うことが決定した。
 これに中邑はジグラーを指さし「これから俺のことをMr.マネー・イン・ザ・バンクと呼ぶことになるだろう」と意気込みを語った。続けてシェインは本日の試合として、中邑&スタイルズ対ジグラー&オーエンズを発表した。
 中邑も出場する「マネー・イン・ザ・バンク2017」は、米国時間6月18日ミズーリ州セントルイスのスコットトレード・センターで開催され、日本時間ではで6月19日午前9時からWWEネットワークで放送される。

 中邑&AJvs.オーエンズ&ジグラーのタッグマッチは、AJとジグラーで試合はスタート。試合は両チームハイレベルな攻防を展開し、中邑とオーエンズに交代すると中邑が膝攻撃を連打した後、いきなりキンシャサを狙うも、オーエンズはたまらず場外に逃げ出した。さらに「カモーン」とオーエンズを挑発すると、続けてニードロップ、けいれん式ストンピングを決めるなど序盤試合を優位に進めた。
 しかし、その後にジグラーとオーエンズはネックブリーカー、クローズライン、キャノンボールと入れ替わり中邑に集中攻撃を浴びせた。劣勢から抜け出せない中邑だったが、中邑が避けてジグラーがコーナーポストに自爆すると、何とかAJに交代して窮地から脱出した。
 その後、両チームは白熱の攻防を展開。中邑がスピンキックをオーエンズに決め、フォールするもジグラーが妨害。さらに中邑がそのジグラーにリバースパワースラムを決めると、割って入ってきたオーエンズにAJがペレキックを決め、試合は4人が入り乱れて目まぐるしく展開するも、最後は中邑が全身をたぎらせながらオーエンズにキンシャサを決め、完璧な3カウントで勝利した。

[記事提供:WWE JAPAN]

最終更新:5/24(水) 16:49
スポーツナビ