ここから本文です

市街地のランドマークを広域避難所から解除 安全でないと判断

5/24(水) 12:01配信

両丹日日新聞

 京都府福知山市は、中ノの厚生会館について、洪水時における広域避難所の指定を解除した。1千年に一度の降雨を想定した国交省の洪水浸水想定で、厚生会館は最上階の3階までつかる想定となっており、安全な避難スペースが確保できない-との判断で決定した。

 中心市街地にあり、講演会・演奏会や展示会など様々な催しに利用されていて、市のランドマーク的存在の施設の一つ。

 近隣には商工会館(中ノ)、ハピネスふくちやま(内記三丁目、市役所横)、昭和小学校(北本町一区)などの広域避難所があるため、市は以後これらの利用を呼びかけている。

 さらに今年度から、由良川が氾濫する恐れがある場合は、福知山成美高校(水内)、福知山淑徳高校(正明寺)、京都共栄学園高校(東羽合)を避難所として、新たに開設することにした。

両丹日日新聞社

最終更新:5/24(水) 12:01
両丹日日新聞