ここから本文です

スバル、大幅改良した新型WRX STIを発売…価格は386万円から

5/24(水) 11:47配信

オートックワン

スバルは、WRX STIの大幅改良モデルを2017年5月24日に発表、6月20日に発売する。

【画像】スバル 新型WRX STIの写真を見る(107枚)

価格(消費税込)は、WRX STIが386万6400円、WRX STI タイプSが406万800円となる。

なお、新型WRX STIは、2017年1月に開催されたデトロイトモーターショーで初公開されている。

WRX STIは、圧倒的なスポーツ性能と4ドアセダンの実用性を兼ね備えた個性的なスポーツセダンとして、スバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴するモデル。

今回の改良では、新電子制御マルチモードDCCDの採用による車両のハンドリング性能向上や、新開発のbrembo(ブレンボ)製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、新開発19インチアルミホイール&タイヤの採用によるコーナリングの限界性能向上により、WRX STIの持つAWDスポーツパフォーマンスを一層向上させながら、サスペンション設定の最適化等で優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を両立した。

加えて、ステアリング連動ヘッドランプやドライバーの前方確認をサポートするフロントビューモニター、アウトドアライフをより充実させるルーフキャリアブラケットを採用することにより、安全性能及び実用性も強化。

走行性能・安全性能・実用性を高次元で融合させることで生まれる、WRXシリーズ独自の価値を更に追求した。

また、刷新した外装デザインと質感を向上させた内装が、WRX STIを所有する悦びを更に高める仕様とした。

【WRX STIの主な改良内容】
■デザイン
<エクステリア>
・新デザインフロントバンパー
・19インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)&245/35R19タイヤ

<インテリア>
・インパネ加飾パネル&ドアスイッチパネル(ハイグロスブラック)
・運転席&助手席8ウェイパワーシート付RECAROフロントシート(レッドステッチ+レッドアクセント+STIロゴ入り)
・レッドカラーシートベルト
・マルチファンクションディスプレイ(高精彩9インチ大型カラー液晶)
・ディーラー装着オプションで8インチサイズナビゲーションを設定

■メカニズム
・新電子制御マルチモードDCCD
・ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ ドリルドディスクローター&モノブロック対向6ポット/2ポッドキャリパー(イエロー塗装、STIロゴ入り)
・サスペンション設定最適化

■安全性・実用性
・LED2灯ハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
・フロントビューモニター
・ルーフキャリアブラケット

【WRX STI主要諸元】
全長/全幅/全高:4595/1795/1475mm
ホイールベース:2650mm
エンジン:2リッター DOHC16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボ
最大出力:308PS(227kW)
最大トルク:43.0kgf・m(422N・m)
燃費(JC08モード):9.4km/L
トランスミッション:6MT
駆動方式:AWD(常時全輪駆動)
サスペンション形式[前/後]:ストラット式独立懸架/ダブルウィッシュボーン式独立懸架
タイヤサイズ:WRX STI 245/40R18/WRX STI タイプS 245/35R19

最終更新:5/25(木) 11:24
オートックワン