ここから本文です

【速報】錦織 ストレート勝ちで8強、急遽参戦ジュネーヴOPで初勝利<男子テニス>

5/24(水) 2:43配信

tennis365.net

バンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン

男子テニスのバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)は23日、シングルス2回戦が行われ、第2シードの錦織圭が世界ランク88位のM・ククシュキン(カザフスタン)を6-4, 6-3のストレートで下して大会初勝利をあげ、ベスト8進出を果たした。

【錦織 準々決勝 1ポイント速報】

今大会は上位4シードは1回戦免除のため、この日が初戦だった錦織は、ミスを重ねて第9ゲームで2本のブレークポイントを握られるが、これを死守。直後の第10ゲームでわずかなチャンスを活かしてブレークに成功し、第1セットを先取する。

続く第2セット、得意のリターンエースを決めるなどでポイントを先行した錦織が、第2ゲームで先にブレークに成功。その後、徐々にギアを上げて、粘るククシュキンを振り切って勝利を手にした。

準々決勝では、世界ランク62位のK・アンダーソン(南アフリカ)と同72位のJ・ドナルドソン(アメリカ)の勝者と対戦する。

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、準決勝で第4シードのJ・イズナー(アメリカ)か第5シードのS・ジョンソン(アメリカ)、決勝で第1シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する組み合わせ。

前週、錦織は右手首の怪我が不安視される中、BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)3回戦で元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)にストレートで敗れた。

ここ数年、錦織はグランドスラムの前週にツアーへ参戦していなかったが、28日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に向けて最後の調整を行うため、ワイルドカード(主催者推薦枠)で急遽今大会に出場している。

tennis365.net

最終更新:5/24(水) 2:43
tennis365.net