ここから本文です

岡崎慎司に“強烈なライバル“現る? 火力が欲しいレスターが注目するはマンCの若き点取り屋

5/24(水) 11:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ムサもスリマニも今ひとつ……

昨夏大金をかけて獲得したアーメド・ムサ、イスラム・スリマニの2人が思うようにフィットしなかったレスター・シティは、今夏に再び新たなFW獲得に動くと見られている。指揮官がクレイグ・シェイクスピアに代わってからはジェイミー・バーディーと日本代表FW岡崎慎司のコンビで戦う機会が増えたものの、岡崎を含め全体的に得点力が物足りない。来季もう1度躍進するためにも火力がほしいところだ。

“イングランドのメッシ”がブレイクするまであと少し?

地元紙『Leicester Mercury』によると、そのレスターが現在注目しているのがマンチェスター・シティFWケレチ・イヘアナチョだ。イヘアナチョはまだ20歳と若い選手で、マンCでも将来を期待されていた存在だ。しかし新加入のガブリエル・ジェズスが指揮官ジョゼップ・グアルディオラのお気に入りとなってしまい、イヘアナチョの出場機会は激減している。

それでもイヘアナチョの得点力は大きな魅力で、今季も全てのコンペティションを含め7得点を記録。限られたチャンスを上手く活かしていると言えるだろう。加えてテクニックもあり、レスターの前線にはいないタイプのストライカーだ。仮に獲得されれば岡崎にとって強烈なライバルとなるだろう。

ただし、イヘアナチョに注目しているのはレスターだけではない。今のところエヴァートン、WBA、サウサンプトン、ウェストハム、ドルトムント、ホッフェンハイムなども興味を示しているという。しかも移籍金は2000万ポンドほど必要と言われており、こちらも少々ハードルが高い。同メディアは若手を積極的に使おうとするレスターの将来的なビジョンにもイヘアナチョが合うはずと伝えているが、獲得は実現するか。

http://www.theworldmagazine.jp/

Yahoo!ニュースからのお知らせ