ここから本文です

国内の免税店が5年で10倍に、店舗数が4万件超え、石川県や福島県で高い増加率 ―観光庁

5/24(水) 17:02配信

トラベルボイス

観光庁によると、2017年4月1日現在の全国の消費税免税店数は4万532店となった。2016年10月1日から半年で4.9%増となる1879店増に。2012年から5年間では約10倍に成長した。

内訳は、三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫)が2万4931店、三大都市圏以外の地方で1万5601店。この半年間で、三大都市圏で4.6%増、地方で5.2%増だった。

都道府県別でみると、特に増加率が高かったのは石川県(20.9%増の合計416店)。そのほか、福島県(16.6%増の合計176店)、山形県(14.2%増の合計129店)、大分県(13.0%増の合計348店)などが2ケタ増となった。

なお、政府では2017年3月28日閣議決定した「観光立国推進基本計画」にて、2018年に地方の免税店数を2万店規模に成長させる目標を掲げている。

トラベルボイス編集部

最終更新:5/24(水) 17:02
トラベルボイス

Yahoo!ニュースからのお知らせ