ここから本文です

錦織 準々決勝は元世界10位アンダーソン、過去3勝1敗<男子テニス>

5/24(水) 5:35配信

tennis365.net

バンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン

男子テニスのバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)は23日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク62位のK・アンダーソン(南アフリカ)が20歳で同72位のJ・ドナルドソン(アメリカ)を6-3, 6-7 (7-9), 6-2のフルセットで下した。この結果、第2シードの錦織圭は準々決勝で、元世界ランク10位のアンダーソンと対戦することが決まった。

【錦織vsアンダーソン 1ポイント速報】

両者は今回が5度目の対戦で、錦織の3勝1敗。今年の3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)2回戦では、錦織がストレートで勝利している。

急遽今大会に出場を決めた錦織は、初戦の2回戦で世界ランク88位のM・ククシュキン(カザフスタン)を6-4, 6-3のストレートで下してベスト8進出を果たした。

今大会、上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、準決勝で第4シードのJ・イズナー(アメリカ)か第5シードのS・ジョンソン(アメリカ)、決勝で第1シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する組み合わせ。

対する31歳のアンダーソンは、1回戦で第7シードのP・ロレンジ(イタリア)を破って2回戦に駒を進めていた。

現在は世界ランキングを62位まで落としているが、2015年には自己最高の10位を記録。203センチの長身を活かしたビッグサーブと強力なストロークを武器に、ここまで3度のツアータイトルを獲得している。

tennis365.net

最終更新:5/24(水) 5:35
tennis365.net