ここから本文です

さくらまや「大学4年じゃ足りない」キャンパスライフ満喫、司法書士の資格を…

5/24(水) 17:15配信

MusicVoice

 『2万人の鼓動TOURSミュージカル「赤毛のアン」2017 制作記者発表会』が24日、都内でおこなわれ、舞台に出演する女優の美山加恋(20)と演歌歌手のさくらまや(18)が登壇した。10歳でデビューしたさくらも現在は大学生。将来的には司法書士の資格を取ることを目指していることを語った。

 2017年で公演20年目を迎える“2万人の鼓動TOURSミュージカル”。中でも『赤毛のアン』は、15年連続で15回目の公演をおこなっている人気作品。本年度に美山が務める主役・アン・シャーリーは、これまで神田沙也加、高橋愛、華原朋美、上白石萌音、上白石萌歌ら錚々たる面子が歴代に名を連ねている。

 一方、さくらが務めるのはアンの親友ダイアナ・バリー役。2015年以降、3年連続でダイアナ役として登場する。「前回はみんなを引っ張るぞ、と言って気合いを入れていったけど、なのに皆さんに引っ張ってもらっちゃって。なので私が誰かを引っ張るんじゃなくて、本当に皆さんにどう見てもらえるか、そういうことだけを気にして頑張ろうと思っています」と、気持ちを新たに邁進する思いを語った。

 このイベントの主催であるエステー株式会社のCMにも出演と、今回のミュージカルにも非常にゆかりの強いさくらは現在大学生。現在は都内の大学で法学を学んでおり「これまでで一番楽しい。大学4年じゃ全然足りない、もっといたい」と、キャンパスライフを満喫している様子を語った。

 また将来的には司法書士の資格を取ることを目指し、現在は大学院に行くか司法試験を受けるかの選択を悩んでいることを明かすと、記者から「歌える弁護士、カッコいいですね」と一言、さくらは「そんなこと言われたら、本当に目指しちゃいますよ!」とまんざらでもない様子を語った。(取材・撮影=桂 伸也)

最終更新:5/24(水) 17:15
MusicVoice

Yahoo!ニュースからのお知らせ