ここから本文です

浦和、敵地で完封負け…済州に0―2 ACL決勝T、好機生かせず

5/24(水) 23:22配信

埼玉新聞

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は1次リーグを突破したベスト16によるホームアンドアウェー方式の決勝トーナメント1回戦第1戦が行われ、2年連続進出の浦和は、済州(韓国)と敵地・済州総合競技場で対戦し、0―2で敗れた。

 F組を首位通過した浦和は、H組を2位突破したKリーグ首位の済州に出はなをくじかれた。

 前半7分、右クロスを中央でフリーになったマルセロにヘッドで合わせられ、簡単に先制を許した。反撃に出たが、相手の球際の強さと体の寄せの早さに苦戦し、ボールを保持するものの効果的な攻撃は見せられず。

 後半に入って、ようやく外、中央とテンポ良くパスが回りだし、多くの好機を築いた。それでもズラタン、武藤、李らが決められず、最後まで欲しかったアウェーゴールを奪えなかった。逆に、ロスタイムには鋭いカウンターから2失点目を喫した。

 第2戦は31日に埼玉スタジアムで実施され、浦和は90分で、3点差以上で勝てば8強進出が決定する。90分を終えて2―0の場合は、前後半15分ずつの延長戦に突入し、決まらなければPK戦で勝敗を決める。前述の条件以外なら敗退となる。

最終更新:5/24(水) 23:52
埼玉新聞