ここから本文です

最終節で初出場のキャプテン 思わぬ復帰にも「正直楽しかった」

5/24(水) 17:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今季初出場を果たしたメルテザッカー

アーセナルは21日、イングランド・プレミアリーグ最終節で勝利するも、5位でフィニッシュすることになった。これにより20年ぶりにUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃している。

この日、怪我で長期離脱していたCBペア・メルテザッカーは、思わぬ形で今季初出場することになった。CBローラン・コシェルニーが前半に退場してしまうと、後半早々にはガブリエウ・パウリスタが怪我で負傷交代を余儀なくされる。そこで急遽回ってきたチャンスだったが、メルテザッカーは喜びをクラブ公式サイトに語っている。

「後ろは決して振り返らない、前だけを見て歩く。なぜなら、リーグはすごい勢いで変化するからね。今日は試合前に怪我人がいた。そして(コシェルニーが)レッドカードをもらってしまい、ガブリエウが怪我をしてしまった。それが僕にプレイする機会を与えたんだ。しかし正直に言うと、(プレイできて)とても楽しかったよ。我々の目標を達成できず、少しがっかりしているが、今はとてもいい雰囲気だ。そしてFA杯決勝が残っている。そこに向けて今は気合い十分だよ」

メルテザッカーにとっても、今シーズンはやりきれない日々となっただろう。今シーズンラストマッチとなるFA杯決勝で優勝し、来シーズンに繋がる終わり方をしたい。