ここから本文です

【MLB】久々スタメンで2点適時打のイチローに賛辞「完璧な打撃」「時計の針逆戻り」

5/24(水) 20:29配信

Full-Count

チームを勢いづかせるタイムリー、米解説者も「完璧な打撃」

 23日(日本時間24日)の敵地アスレチックス戦で11打席ぶりにヒットを放ったマーリンズのイチロー外野手。この日は「9番・左翼」で15試合ぶりにスタメン出場し、第1打席にライトへ2点タイムリーヒットを放った。11-9の勝利に貢献したベテランについて現地では「完璧な打撃」、「時計の針が逆戻りする」などの賛辞が贈られた。

イチローは歴代単独25位…MLB歴代通算安打数ランキング

 ここまでなかなか快音を残せなかった43歳は久しぶりのスタメン出場でいきなり魅せた。1点リードの2回2死二、三塁の場面で右腕ハーンから右前へ2点タイムリーをマーク。その後、ゴードンの三塁打で生還し、自身メジャー通算1400得点目も記録した。

 その後は三邪飛、投ゴロ、空振り三振、一ゴロでマルチ安打はならなかったが、貴重なタイムリーでチームを勢いづかせた。

 敵地で試合を中継した米メディア「OAK NSCA」の実況は第1打席の場面で「イチローを見るのは楽しいですね。今年は素晴らしいスタートではありませんが」と打率1割台と苦しむベテランについてレポートすると、解説を務めたレイ・フォッセ氏はタイムリーヒットに「彼はいつでもこのようなことができます。完璧な打撃です」と賛辞を贈った。フォッセ氏はイチローがメジャー1年目のアスレチックス戦で周囲の度肝を抜くレーザービームを見せたことなども振り返るなど、ここまでの偉業について改めて紹介した。

米実況「今夜は時計の針が逆戻りします」

 また、マイアミでテレビ中継をした「FOXスポーツ・フロリダ」の名物実況のリッチ・ウォルツ氏は「イチロー、今夜は時計の針が逆戻りします。シングルで2得点となりました」とベテランの久しぶりのヒットを伝えた。

 この日の試合前にはMLB公式ツイッターが新緑のフィールドでストレッチを行うサングラス姿のイチローの写真を公開し、「ヤギの絵文字を140個挿入せよ」と“指令”。ヤギのスペルはGOATだが、これは「Greatest of all time(史上最高)」の頭文字を並べた略語でもある。このメッセージを受け、地元のイチローマニアはツイッターの文字数制限いっぱいの140字のヤギの絵文字を次々に打ち込み、史上最高の名手に敬意を表していた。

 メジャー通算1400得点は史上96人目。またこの日でメジャー通算3039安打となり、歴代24位のロッド・カルー(3053安打)まで14本と迫っている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/24(水) 21:56
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 20:50