ここから本文です

芸人と出演、大阪で観客参加型の映画

5/24(水) 17:00配信

Lmaga.jp

映画『パコと魔法の絵本』の原作者・後藤ひろひとによる、観客参加型の上映プログラム『デルシネ』。その最新作『デルシネ エル・シュリケン vs 新昆虫デスキート』が6月1日~7日に「ABCホール」(大阪市福島区)で開催される。日替わりゲストにゆりやんレトリィバァやMNB48、藤崎マーケット、アキナ、和牛らが登場。彼らとともにその場で映画撮影&上映会をおこなう。

【写真】『上方漫才コンテスト』優勝で喜びの表情のゆりやん

後藤が1995年にはじめたこの企画。観客は、まずエキストラとして撮影に参加。その後、編集作業を経て、完成披露は参加者全員で鑑賞するというもの。すでに撮り終えた本編との編集作業に要する時間はおよそ1時間。後藤は、「今回は日替わりゲストの芸人もエキストラに参加するので、運が良ければ好きな芸人と同じシーンに出られますよ。彼らには編集の待ち時間の間に、ネタやトークもしてもらいます」と話す。

「物語は、エル・シュリケンという覆面レスラーがいて、悪人をやっつける。それ以上のモノはないひどい映画です(笑)。ゲーム感覚で3つのエキストラシーンを用意しているから、気に入ってくれたら別のシーンや、別の芸人と一緒に出るためにまた来てくれたらうれしい」と後藤。そのほかのゲストは福本愛菜や祇園、プリマ旦那ら。チケットは3000円、チケットよしもとで発売中。当日撮影&上映した映像はDVD化され、会場で予約販売される。

最終更新:5/24(水) 17:00
Lmaga.jp