ここから本文です

利賀に修学旅行、山里の生活満喫 千葉の中学生100人

5/24(水) 14:34配信

北日本新聞

 南砺市利賀地域の民宿や一般家庭が24日、修学旅行で訪れた千葉県の中学生ら109人を受け入れ、山里の自然や生活文化の魅力を紹介した。

 訪れたのは同県船橋市芝山中学校3年生100人と教員9人。南砺市商工会利賀村事務所の呼び掛けで一般家庭13軒の協力を得て、民宿やペンションを含め計20軒の宿泊先を確保した。25日まで1泊2日の日程で受け入れる。

 同校は昨年に続く来訪。都市生活ではできない農作業などを体験できたり、ホテルなどと異なり他人の家に泊まる際のマナーを学べたりするのが魅力だったという。今回同行した日高祐一郎校長も「普段知ることができない価値観や考え方に接して、成長してほしい」と、教育効果を期待していた。

 生徒は「そばの郷(さと)」駐車場で、住民らの出迎えを受けた後、それぞれの宿泊先へ向かった。利賀村坂上の笠野千尋さん(65)宅では、生徒5人がまず仏壇にお参りをした後、家の成り立ちについて説明を受けていた。

 各民宿や家庭でも野菜の苗植えやまき割り、イワナをさばく作業などを体験していた。利賀地域では昨年、同校を含む千葉県の2校約200人の宿泊を受け入れた。

北日本新聞社

最終更新:5/24(水) 14:34
北日本新聞