ここから本文です

桃太郎テーマ、人形作り 珠洲・飯田の燈籠山祭りで栄町、布張り作業

5/24(水) 1:38配信

北國新聞社

 珠洲市飯田町で7月20、21日に行われる「燈籠山(とろやま)祭り」に向けて、同町の栄町町内会が、新作人形の制作を進めている。

 栄町は今年、子どもの成長に期待を込め、人形のテーマを「桃太郎」に決めた。22日は飯田町の「栄町三区ふれあいセンター」で布張り作業が行われ、10~70代の住民15人が、高さ7メートル以上となる人形の骨組み部分に、白地の布を丁寧に縫い付けた。

 栄町では2012年に人形制作を復活させた。今回で3体目の人形となる。本番では人形を祭り会場に飾る予定で、栄町祭礼取締役の浦哲さん(43)は「祭りの準備で住民同士の絆を深め、本番に備えたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:5/24(水) 1:38
北國新聞社