ここから本文です

ヤヤ・トゥーレがテロ被害者への寄付を表明 エージェントと計1400万円

5/24(水) 14:27配信

SOCCER KING

 マンチェスター・Cのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレとそのエージェントが、22日にマンチェスターで発生したテロ事件の被害者に対して計10万ポンド(約1400万円)の寄付を行うことを表明した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が23日付で伝えている。

 22日夜、イギリス・マンチェスターのコンサート会場で自爆テロが発生。発表によると、これまでに22名の死者と59名の負傷者が確認されているという。これを受けて、トゥーレは23日に自身の公式ツイッターで「マンチェスターでの恐ろしいニュースを聞いた。全ての被害者に思いと祈りを」とコメントしていたが、すぐさま行動に移したようだ。

 同選手のエージェントを務めるディミトリ・セルク氏はインタビューに対し「8歳の少女が好きな歌手を見に行ったまま帰宅することはなかったというニュースは、あまりにも苦しいものだ」とコメント。さらに「僕とヤヤは手助けをしたい。僕たちは今朝話し合い、彼は我々にできることについて僕に尋ねてきた」と続け、お互いの意思を確認し合ったことを明かしている。

 その内容については、「僕たちはそれぞれ5万ポンド(約720万円)ずつをこの恐ろしい犯罪による被害者へ寄付することで一致した。被害者がマンチェスター出身であるかどうかは関係ない」と明言。その理由について、同氏は「ヤヤはコートジボワール出身だ。そして僕はロシア人だ。でもそれは問題ではない。今日は、僕たちサッカー界の人々が手助けをする機会なんだ」と述べた。

 マンチェスター・Cだけでなくマンチェスター・Uも本拠地を置くこの地で起きた残忍な事件。サッカー界にも、悲しみが広がっている。

SOCCER KING

最終更新:5/24(水) 14:27
SOCCER KING