ここから本文です

「彼は一体何者だ?」久保建英の衝撃デビューにメッシ母国もざわつく

5/24(水) 18:36配信

ゲキサカ

 U-20W杯の初戦で衝撃の世界デビューを飾ったU-20日本代表FW久保建英に対し、バルセロナFWリオネル・メッシの母国であるアルゼンチンのメディアも注目しているようだ。

 久保は21日に行われたグループリーグ初戦の南アフリカ戦(2-1)で1-1の後半14分に途中出場。ファーストプレーでノールックのスルーパスを送り、いきなりFW小川航基の決定機を演出した。そしてハイライトは後半27分。PA内左から再びノールックで折り返し、MF堂安律の逆転ゴールをアシストしてみせた。

 日本の15歳FWの活躍にアルゼンチン『オレ』も注目。「彼は一体何者だ? 2001年6月4日に生まれた少年。そう、まだ15歳だ。バルセロナの下部組織で育ったクラックは、U-20代表に5歳も年下なのに呼ばれている」と紹介している。

 また、同メディアでは、2015年に久保がバルセロナの未成年外国人選手の獲得違反による処分で帰国を余儀なくされたことについても説明。「バルセロナは再契約を見据え、彼の年齢が上がるのを待っている」と、バルセロナへの復帰の可能性についても言及した。

最終更新:5/25(木) 0:55
ゲキサカ