ここから本文です

高山和真&黒川淳史がプロ初ゴール!!大宮が4発大勝で初白星、清水は5連敗

5/24(水) 20:58配信

ゲキサカ

[5.24 ルヴァン杯グループA第6節 大宮4-0清水 NACK]

 ルヴァン杯は24日、グループリーグ第6節を行い、大宮アルディージャはホームで清水エスパルスと対戦し、4-0で完勝した。ルヴァン杯未勝利、グループステージ敗退が決まっている両者の対決は大宮が初白星。清水は5戦全敗となった。

 ホームの大宮は20日のJ1第12節C大阪戦(0-3)から先発全員を変更。清水も浦和戦(3-3)から先発全員を入れ替えた。

 試合はいきなり動いた。前半4分、MF岩上祐三の右CKをDF高山和真がヘディングで叩き込み、先制点。先月7日に第1子となる長男が誕生した3年目の高山はこれがプロ初ゴール。チームメイトとともに“ゆりかごダンス”で喜びを表現した。

 大宮がボールを保持して一方的に攻撃を仕掛け、前半14分にも追加点。MF大山啓輔の右CKをファーサイドのDF河面旺成がヘディングシュート。ゴールライン上で清水FW長谷川悠に当たったボールをMF黒川淳史がヘッドで押し込み、公式戦出場6試合目でプロ初ゴールを挙げた。

 2-0で折り返した後半も大宮が押し込み、同7分、今季公式戦初先発となったFW播戸竜二がPA手前から左足を振り抜いたが、ミドルシュートは惜しくもゴール右へ。劣勢の清水は後半12分、最初の交代カードを切り、MF杉山浩太に代えてFWミッチェル・デュークを投入。デュークがツートップの一角に入り、MF金子翔太がボランチに下がった。

 大宮ベンチも動き、播戸を下げてFW清水慎太郎をピッチに送り込む。交代策から清水が徐々にボールポゼッションを高め、後半18分、MF村田和哉のパスからペナルティーアーク内の金子が右足ミドルを放ったが、GK加藤順大のセーブに防がれ、絶好のチャンスを逸した。

 すると再び大宮が流れをつかみ、後半28分、清水のスルーパスに抜け出したFWネイツ・ペチュニクがPA内右のゴールライン際からマイナスに折り返し、岩上が豪快ヘッドでダメ押しゴール。後半36分にも河面の左クロスに走り込んだDF奥井諒が滑り込みながら右足で押し込み、4-0の完封勝利を飾った。

最終更新:5/25(木) 11:31
ゲキサカ