ここから本文です

久保が堂安が岩崎が…日本はチャンス生かせず敗戦、したたかな南米王者に屈す

5/24(水) 22:11配信

ゲキサカ

[5.24 U-20W杯GL第2節 U-20日本 0-2 U-20ウルグアイ 水原]

 決め切るところで決められず、南米王者のしたたかさの前に敗れ去った。勝てば決勝トーナメント進出が決まるU-20日本代表の第2戦はウルグアイに0-2の敗戦。内山篤監督は「残念な結果」と唇をかんだ。

「立ち上がりのところは(初戦の)南アフリカ戦から修正して、入り方は悪くなかった」。ところが前半20分にエースのFW小川航基が負傷交代するアクシデント。前半38分にはロングボール1本で最終ラインの背後を取られ、先制点を献上した。

 前半のシュート数はウルグアイの6本に対し、日本はわずかに1本。前半10分のFW岩崎悠人のミドルシュートだけだった。それでも「失点してからは停滞したが、後半はテンポよく、サイドを起点に攻撃できた」と指揮官が振り返るとおり、後半は引いて守る相手を日本が押し込み、立て続けにビッグチャンスをつくった。

 後半10分、MF市丸瑞希のシュートをGKが弾いたところにFW久保建英が詰めるが、ヘディングシュートはゴール上へ。同13分には久保のシュートをGKが弾き、MF堂安律がヘディングで押し込もうとしたが、ゴールラインぎりぎりでDFにクリアされた。同22分、久保のスルーパスに反応した岩崎のシュートもGKに阻まれ、日本の時間帯で同点に追いつくことができなかった。

 終盤はウルグアイが試合巧者ぶりを発揮し、後半アディショナルタイムにダメ押しの2点目。「ミスをモノにしてくるところに大きな差があった」。そう決定力の差を嘆いた内山監督は「我々の生命線であるボールを動かして、相手を動かしてチャンスをつくるところはできていた。決定力は課題だが、日にちがない中で次に向けてやっていきたい」と、中2日で迎えるグループリーグ最終戦・イタリア戦へ視線を向けた。

最終更新:5/25(木) 5:01
ゲキサカ