ここから本文です

三菱UFJ銀:三毛氏が頭取昇格、小山田氏は健康上理由で退任へ

5/24(水) 16:12配信

Bloomberg

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は24日、傘下の三菱東京UFJ銀行の小山田隆頭取(61)が退任し、後任に三毛兼承副頭取(60)が6月14日付で昇格する人事を発表した。小山田氏は頭取就任から約1年で退任となった。MUFGの平野信行社長(65)は引き続きグループ経営のトップを続投する。

平野社長は24日夕の会見で、小山田氏の退任について「体調悪化で本人から退任の強い申し出があった」と説明した。三毛氏は国際部門も経験が豊富で、「今の環境で伝統的な商銀モデルで持続的成長は難しい。グループの総合力、ネットワークを最大限生かして行く」と抱負を語った。同氏はMUFGの副会長にも就く。

小山田氏が4月から務めていた全国銀行協会長については、平野氏は再登板する意向を示した。小山田氏は6月14日付で取締役になった後、同月28日付で特別顧問に就任する。

●三毛兼承(みけ・かねつぐ)1956年11月4日生、60歳。79年慶大卒、同年旧三菱銀行入行、05年執行役員総合企画室長、09年常務、13年専務、16年5月から副頭取兼国際部門共同部長兼米州本部長。

第2、3段落を追加しました.

Shingo Kawamoto, Gareth Allan

最終更新:5/24(水) 17:52
Bloomberg