ここから本文です

北朝鮮、米本土射程の長距離核ミサイル実現に近づいた-米国防情報局

5/24(水) 0:03配信

Bloomberg

米国防総省の情報部門である国防情報局(DIA)は、北朝鮮が今月のミサイル試射に成功したことで、米本土を直接捉える長距離核ミサイルを開発する「不可避の」目標に一歩近づいたとの見方を示した。

DIA局長のビンセント・スチュワート海兵隊中将は23日、米上院軍事委員会の公聴会用にまとめた準備原稿で、北朝鮮が今月13日に実施した弾道ミサイル実験は「成功」だったと指摘。このミサイルは同国西部から発射され、日本海に落下していた。この発射実験について米国の情報機関が公に判断を示したのはこれが初めて。

スチュワート局長は北朝鮮が昨年実施した前例にない数の弾道ミサイル実験、2回行ったとみられる核実験を挙げて、「北朝鮮は敵対的な国家であり、米国に安全保障上の重大な課題を突きつけていることに変わりはない」と述べた。

またウィリアム・マークス海軍中佐は電子メールで、「現在の軌道をたどるなら、北朝鮮は最終的に米西海岸を射程に入れる核ミサイルの配備に成功する。その時期を予測するのは不可能だが、間違いなくそれが実現する道筋にある」と論じた。

原題:North Korea Scored Successful Missile Launch, Pentagon Spies Say(抜粋)

Nafeesa Syeed, Anthony Capaccio

最終更新:5/24(水) 0:03
Bloomberg