ここから本文です

米国債:下落、投資適格級の社債が終盤に圧迫-Tビル入札軟調

5/24(水) 5:36配信

Bloomberg

23日の米国債は下落。財務省短期証券(Tビル)入札は軟調な結果となった。終盤にかけては投資適格級の社債発行が米国債に影響した。

タイソン・フーズやカナディアン・ナチュラル・リソーシズなどが社債を発行した。この日の投資適格級の社債発行額は総額201億ドル。10社から計19本の社債が売り出された。ニューヨーク時間午後5時過ぎ現在の2年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して1.30%。10年債利回りは3bp上昇して2.28%となっている。

この日は午後に2年債入札(260億ドル)が実施された。最高落札利回りは1.316%、応札倍率は2.9倍と、ここ1年で最も高水準となった。

株式相場が上昇前の朝方に軟調に推移したことも米国債を支えた。4月の米新築住宅販売が予想以上に減少したことも、米国債の買い材料となった。ホワイトハウスが公表した米予算教書は、貧困層や障害者、農家などへのセーフティーネットを削減して社会における政府の役割を劇的に縮小させ、同氏を大統領就任へと導いた地方の低収入労働者の多くに大きな打撃を与える内容となった。

24日は米連邦公開市場委員会(FOMC)が議事録(5月2-3日開催分)を公表する。投資家は議事録から利上げ動向を予測する。石油輸出国機構(OPEC)は25日にウィーンで会合を開く。減産合意が延長されるかどうかが注目されている。

原題:Treasuries Pressured Into Close as IG Deals Start to Price(抜粋)U.S. Stocks Advance, Bonds Mixed as Oil Tops $51: Markets Wrap(抜粋)Trump’s $3.6 Trillion Budget Cuts Hit His Own Supporters Hard(抜粋)

第4段落以降を追加します.

Edward Bolingbroke

最終更新:5/24(水) 6:29
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ