ここから本文です

米国株:4日続伸、欧州株高を好感-S&P500は最高値目前

5/24(水) 5:40配信

Bloomberg

23日の米株式相場は小幅ながら4営業日続伸。良好な経済指標を手掛かりとした欧州株高が背景となった。銀行株が買いを集めた。

S&P500種株価指数は前日比0.2%高の2398.42と、過去最高値をわずかに下回る水準。一時は2400台に乗せた。ダウ工業株30種平均は43.08ドル(0.2%)高の20937.91ドル。

この日はドイツのIfo経済研究所が発表した5月の景況感指数が同国経済の好調ぶりを裏付けたほか、4月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)改定値が6年ぶり高水準となり、欧州経済に対する投資家の信頼感を強固にした。ミント・パートナーズのストラテジスト、ビル・ブレーン氏は「欧州の経済指標は破竹の勢いと言うほどではないが、比較的振れが小さく、米国や英国、日本よりも順調だ」と指摘した。

米政府はこの日、社会セーフティーネット関連歳出の大幅な削減を盛り込んだトランプ大統領の2018会計年度予算教書を公表した。大統領の外遊が続く中、米国の政治混迷は市場ではほとんど材料視されなかった。

S&P500種業種別11指数では金融が0.8%高。この日、唯一下落したのは一般消費財・サービス(0.4%安)だった。

個別銘柄では、ウェブサイトが一時ダウンしたルルレモン・アスレティカが1.4%安。マッコーリー・キャピタルのアナリストは、これがオンライン販売の収入に打撃を与える恐れがあると指摘した。

原題:U.S. Stocks Advance, Bonds Mixed as Oil Tops $51: Markets Wrap(抜粋)原題:U.S. Equities Little Changed as VIX Drops, Defensive Shares Lead(抜粋)

相場を更新し、第4段落以降を追記します.

Oliver Renick, Jeremy Herron

最終更新:5/24(水) 6:17
Bloomberg