ここから本文です

<菅田将暉>ガチのダメ出しに猛省 声優初挑戦で公開アフレコ

5/25(木) 12:46配信

まんたんウェブ

 俳優の菅田将暉さんが25日、東京都内のスタジオで劇場版アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(8月18日公開)の公開アフレコを行った。今回が声優初挑戦となった菅田さんは「初体験って減ってくるものなんだな」と感慨深げ。一方で、公開アフレコでは、せりふを早く言ってしまうという間違いをして“ダメ出し”され、「すみませんでした。ごめんなさい。本当に反省しています。今後、このようなことがないように」と猛省し、スタジオ内の笑いを誘った。

【写真特集】すずが可愛い! ジャンパースカート×タンクトップで健康的な二の腕を…

 同アニメは、1993年に制作された岩井俊二監督のテレビドラマ作品が原作で、現代的な要素を加え、長編ならではのラブストーリーに仕上げている。とある海辺の町が舞台で、クラスメートたちが花火大会を前に「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか?」と盛り上がる中、クラスのアイドル・なずなに思いを寄せる典道は、時間が巻き戻る不思議な体験の中で、なずなから「かけおち」に誘われるが……というストーリー。

 菅田さんは、広瀬すずさん演じるクラスのアイドル・なずなに思いを寄せるクラスメートの典道役で、中学時代に「学校中を停電させた」という思い出話を披露。理科の授業中にピンセットの先をコンセントに突っ込み電源をショートさせたといい、「なぜか分からないけど、涙が止まらなくなった」と明かしていた。公開アフレコには広瀬さんと、典道の恋のライバル・祐介役の声優、宮野真守さんも登場した。

最終更新:5/25(木) 16:30
まんたんウェブ