ここから本文です

PHONO TONES×ADAM atのスプリットEPが2作同時リリース

5/25(木) 17:59配信

CDジャーナル

 ペダルスティールのメロディと軽快なビートを武器に〈FUJI ROCK FESTIVAL〉〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL〉ほか大型フェスに次々と出演を果たしたPHONO TONESと、2015年のメジャー・デビュー作『CLOCK TOWER』や『スウィートホーム』でiTunesジャズ・チャート、タワーレコード・ジャズ・チャート1位を獲得したADAM at。インストゥルメンタル・ミュージック・シーンの最前線で活躍する2バンドが、スプリットEP2タイトル『Dr. Jekyll』(ADAM at 盤 / VICL-64816 1,500円 + 税)『Mr. Hyde』(PHONO TONES盤 / MCCS-003 1,500円 + 税)を7月26日(水)にリリース。

 ロバート・ルイス・スティーヴンソンの傑作小説がモチーフのタイトルを冠した今作には2作に計10曲を収録し、全曲が新録曲かつ重複なし。各表題曲は互いのコラボレーション曲という意欲的な内容です。ADAM atは「今回レコーディングしたADAM atの5曲はPHONO TONESの地元である湘南、鎌倉をイメージし曲作り、アレンジをしました。『Dr. Jekyll』というタイトルのように朝と昼がよく似合うアルバムになっています」と語っているほか、PHONO TONESは「コラボ曲はもちろんですが、他の楽曲もどこかスプリットということやADAM atを意識しながら作られたという意味で、PHONO TONESとしても新たな視点が生まれた作品かなと思います」と、スプリット盤ならではの化学反応についてコメントしています。

最終更新:5/25(木) 17:59
CDジャーナル