ここから本文です

脳梗塞領域に血管を誘引する人工細胞足場、脳の修復や再生に寄与

5/25(木) 15:10配信

MONOist

 東京医科歯科大学は2017年5月10日、脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場を開発したと発表した。同大学 脳統合機能研究センター 准教授の味岡逸樹氏らと名古屋市立大学 大学院 医学研究科 教授の澤本和延氏らによるもので、成果は同年5月10日に独科学誌「Advanced Healthcare Matarials」のオンライン速報版で公開された。

【ラミニンスポンジの詳細】

 研究グループでは、細胞接着活性を持つタンパク質「ラミニン」を利用してスポンジ形状の人工細胞足場を作製した。また、既存の血管から新たに血管を誘引するのに重要となるタンパク質「血管内皮細胞増殖因子(VEGF)」をこの人工足場に結合し、VEGF結合ラミニンスポンジを開発した。ラミニンスポンジとVEGFの結合には、コバルトイオンとヒスチジンの特異的な結合相互作用(アフィニティー結合)を利用した。

 このVEGF結合ラミニンスポンジを脳梗塞モデルマウスの脳梗塞領域に移植したところ、血管が新たに誘引されることが分かった。なお、VEGFを結合していないラミニンスポンジを移植した場合は、新しい血管はほとんど検出されなかった。

 これまで、脳は一度損傷を受けると再生しない組織だと考えられており、脳梗塞部位で新たな血管を誘引する技術の開発が望まれていた。今回の研究成果は、損傷した脳の修復や再生医療への展開が期待される。

最終更新:5/25(木) 15:10
MONOist