ここから本文です

56歳・石田えり、美マッチョな美魔女に大変身!23年ぶり水着姿

5/25(木) 5:59配信

デイリースポーツ

 女優の石田えり(56)が24日、都内で行われたパーソナルトレーニングジム「RIZAP」の新CM発表会に登場し、23年ぶりとなる水着姿を公開した。トレーニングを始めたころの様子は同社のCMで流れていたが、この日、成果を披露し、「石田えり、56歳、変わりました」と堂々宣言。豊満な胸、腹筋の引き締まったウエスト、ぜい肉のない筋肉質な脚など、鍛え抜かれた美ボディーで取材陣を驚かせた。

 石田が“グラビア体型”を取り戻し、引き締まった姿を見せつけた。20代で出演した映画「遠雷」(81年)ではヌードを披露、93年に発売したヘアヌード写真集「罪」は大ヒットするなど、ナイスバディー時代から23年が経過。「もう一度グラビアに挑戦したい」という思いでダイエットに挑んだ。

 今年2月の開始時よりウエストは14・5センチ減。体脂肪は23・9%から17・8%にまで落とした。脂肪を減らして筋肉を付けるトレーニングをしたため、体重そのものは4・9キロ減にとどまったが、見事なくびれを取り戻した。

 石田は「内臓脂肪はほとんど0。お尻がペタッとして下がっててシワがたくさんあったけど、今はシワは2、3本です」と自信たっぷり。食事制限も思ったより厳しくなかったといい、「炭水化物がすごく欲しくなっても、食べたらどうなるか想像したら、もういいやってなる。すごいステキな人がいて、この人とセックスしたらどうなるだろうって想像したら、もういいやってなるのと同じ」と色っぽく説明した。

 石田は「もう1回青春、みたいな気持ち。目標は恋人(をつくること)です。いい人がいたら体ごとエイッて行っちゃう」と笑顔。体と共に心も若返ったようだった。