ここから本文です

関さん(鉾田北中)、国際審査進出 平和ポスター、「テロなき世界」思い込め

5/25(木) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

鉾田市立鉾田北中3年の関瑞希さん(14)が、ライオンズクラブ国際協会の「国際平和ポスターコンテスト」で、最終選考に当たる国際審査に進出した。

関さんの作品は、左右に世界各国の国旗を配置し、現在の地球を平和な世界に塗り替える自身の姿を表現。関さんは「殺人やテロのない世界を」との思いを込めて制作に臨んだという。アクリル絵の具を使用し、昨年秋に約2週間で完成させた。

同コンテストは11~13歳の青少年を対象に実施され、2016~17年度のテーマは「平和、万歳」。関さんの作品は、茨城と栃木、群馬、千葉、新潟の計5県の同クラブで構成する「333複合地区」の代表として、米国のシカゴ本部が今年1月に実施した116点の国際審査に進出した。同協会によると、今回は世界60カ国から約60万点の応募があったという。

同中芸術部で、絵画やデザインに熱中しているという関さん。国際審査では惜しくも入賞を逃したものの、「デザインを考えるのが好き」と語り、「(国際選考進出は)うれしかった。将来はグラフィックデザイナーとして出版・広告の仕事に携わりしたい」と笑顔を見せた。 (大平賢二)

茨城新聞社