ここから本文です

岩田寛、ドンファン、キム・ヒョンソンが首位発進 全英争いは混戦

5/25(木) 18:34配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 初日(25日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山)◇7404yd(パー72)

【画像】きょうもぼやきの岩田寛

全英オープンを彷彿とさせるリンクススタイルコースで開幕した大会初日。6アンダーでドンファン(韓国)、岩田寛、キム・ヒョンソン(韓国)の3人が首位の座を分け合った。5アンダーの4位に宮本勝昌と重永亜斗夢が続いている。

4アンダー6位には、14人がひしめく大混戦。月曜日に全米オープン予選会で44ホールを戦ったばかりの選手会長・宮里優作も、この一群の一角を占めている。

ディフェンディングチャンピオンのキム・キョンテ(韓国)は2アンダー42位とまずまずの滑り出し。一方で前週優勝の今平周吾は1オーバー90位と、ホストプロの川岸良兼、小平智、片岡大育らと並び、苦しい初日となっている。

ミズノ契約のホストプロでは、4アンダー6位の芳賀洋平が最上位。3アンダー20位に武藤俊憲、上田諭尉、伊藤有志、鈴木亨がつけている。

今大会の上位4人(有資格者を除く)には、7月「全英オープン」の出場資格が与えられる。同様に次週「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」終了時までの賞金ランキング上位2人にも同資格が付与される。

<上位の成績>
1T/-6/ドンファン、岩田寛、キム・ヒョンソン
4T/-5/宮本勝昌、重永亜斗夢
6T/-4/W.J.リー、C.キム、M.ヘンドリー、時松隆光、A.ブランド、増田伸洋、薗田峻輔、小斉平優和、稲森佑貴、キム・スンヒョグ、宮里優作、姜庚男、藤田寛之、芳賀洋平