ここから本文です

お前の追従、イエスだね! ソニーの対動体仕様ミラーレス一眼「α9」でスポーツを撮影してみた!

5/25(木) 12:00配信

アスキー

ソニーが5月26日に発売するフルサイズ一眼「α9」の直前体験会が実施された。その模様をお伝えする

 2017年5月23日、ソニー「α9」の発売(5月26日)に先駆けてプレス向けに実際のスポーツシーンで性能を体験するイベントが開催された。
 
 また5月24日には、ソニープロイメージングサポート会員向けに同様のイベントが開催されており、ソニーのカメラ部門としては珍しいアピールである。
 
 そんなわけで、短時間ながら追従性能回りを中心にチェックしてきたので、そのインプレッションをお届けしよう。
 
20コマ/secの連写と693点の像面位相差検出ポイント
 電子シャッターを使用し、シャッター速度1/125以上であり、かつG Masterレンズを使用している場合、秒間20コマの連写が可能になる。α9のウリのひとつだ。
 
 GレンズやZeissレンズの場合は秒間15コマに落ち、AF-Cモード時は撮影モードなどによっても変化するとの説明を受けているが、具体的にどういった場合でといった資料が発見できていない。なお、5月25日にレンズの最新ファームウェアが複数公開され、「SEL85F14GM」や「SEL70200GM」といった製品で秒間20コマのブラックアウトフリー撮影に対応した。
 
 また使用した限りだと、20コマ連写よりも画面の約93%をカバーする693点の像面位相差検出ポイントのほうが、いい意味でキモかった。
 
 画面のほぼ端まで追従していくのは、同社の「α6500」(APS-C機)にあまり触れていないのであれば、しばらく不思議な感覚になる人がいそうだが、画面端でもフォーカスがしやすいため、構図作りの幅が広がる。
 
 というわけで、会場ではバスケットの練習風景を撮影する形でテストができ、レンズは「SEL2470GM」「SEL70200GM」「SEL100400GM」で、それぞれ異なるシーンで使用感を試す流れだった。
 
 SEL100400GMについては、ほぼ仕上がっている状態のようだったが、最終調整前のような説明を受けている。その状態でも、フォーカス速度は良好で、描写についてもGMレンズらしいもので、発売は少し先となる。期待して待っていていいだろう。
 
(制限付きですが)実写撮影写真を掲載!
 以下、連続写真を掲載しているが、いすれもAF被写体追従感度は3(標準)だ。またシャッター時の表示形式はパターン3で、これはデモ機の設定の初期状態のままになる。
 
 また、デモ機はデフォルトでは保存設定はsRGB、エクストラファイン、Sモード、1/1600、ISO(AUTO)、4500K、クリエイティヴスタイル:スタンダード、DRO(オート)が設定されていたので、基本、そのままの設定で撮影している。
 
 なぜかというと、約5分ごとにボディーごと変更であっため、細かい設定変更する時間がなかったからだ。また下記する理由から、色だとか描写については言及できないので、今回は特に記していない。
 
 当然のごとく実データを掲載できるかと思っていたのだが、撮影データの掲載にあたりソニーマーケティングより「長辺1000pxほどにリサイズしてほしい」との指示が入っている。
 
 発売直前であるため、その理由について問い合わせたところ「今回の撮影環境でベストな写真が撮れるかわからない」の一点張りであったが、5月26日以降の早いタイミングでファームウェアのアップデートが公開される可能性が高い。
 
 先に記しておくと、やや前ピンになりがちだったのが気になったので、そのあたりの修正版のファームウェアが準備中なのかもしれない。なお、リサイズされていないデータに興味があるのであれば、すでに海外サイトでいくつか公開されているので検索してみるといいだろう。
 
 リサイズ状態のデータで、およその雰囲気を掴める見方としては、まず、拡大ページの写真をスマホでダウンロードし、そのままスマホのビューワーでチェックするほうがいいだろう。
 
 ただし、縦写真のときはスマホは横、横写真のときは縦としたほうが、α9もしくは、α7RIIのバックモニターで見た感じに近く、雰囲気がわかりやすいハズだ。
 
 まずはおもむろに連写してみたのが上の写真。レンズはSEL70200GM。選手が交差してもちゃんと追従している。また重なった場合はAFが迷うときもあったが、1~3コマ後には戻っていることが多く、このあたりは追従レベル設定で調整できそうだ
 
 次いで、SEL100400GMを使用し、かつ合図に合わせて前を横切ってもらったのが上の写真。黒い服なのでAFが迷うだろうと思ったが、そんなこともない結果になった。
 
 驚いたのは瞳AFスタートの場合だ。接近時のみかと思っていたのだが、SEL2470で遠くの選手を狙ってみた場合でも機能していた。
 
 検出プロセスはこれまで通りだが、検出速度が格段に上昇しており(前回の会員向け内覧会時よりもだ)、そのままスムーズに動体追従にシフトするため、ポートレートシーンでも人気が出そうだ。
 
 また、芸能人のスチル撮影の場合、依頼によっては1分以内に番宣に耐えるカット3枚+即納を何度か経験しているが、そういったシーンにも頼れそうである。
 
瞳AFによる追従性がいい感じ!
 
 上の動画はAF-Cで追従させたところ。ディフェンス側の選手に一瞬フォーカスが動いているが、またオフェンス側に戻っている。時間の関係で録画まで余裕はなかったのだが、瞳AFスタートの速度は動画の場合と大差ない。ロックオンAFは気持ち遅いのだが、十分実用レベルだ。
 
 上の写真群の1枚目は、SEL2470GMで約70mmの状態。この状態から瞳AFはサクッと動作したので、そのまま連写していた。
 
無難に行きたいのであれば
ファームウェアのアップデート状況を確認のこと
 実際に撮影してみての印象は、α7RIIのダメなところがほとんど改良され、そこに連写性能とAF性能が追加されたものになる。
 
 使用感自体はとてもよく、ミラーレス機としてはエポックな存在であり、「α9」のネーミングを採用したのにも頷けるものだ。
 
 お世辞抜きでフットワークはバツグンにいい。ただ、掲載にあたり制限があったことから正直なところ実際の製品では、また描写と挙動が異なるのではないかと疑っていたりする。
 
 すでに予約した人は、5月26日から新しい対話をするほかないが、検討中であれば、貸出サービスで数日運用してみたり、ファームウェアのアップデート情報を待ってみるといいだろう。
 
文● 林 佑樹

最終更新:5/26(金) 8:14
アスキー