ここから本文です

aetから0.45mm導体採用の電源ケーブルが新登場

5/25(木) 17:59配信

CDジャーナル

 音響 / 楽器アイテムメーカーの株式会社エーイーティー(aet)が、高品位 / 高品質ながらも高いプライスパフォーマンスを実現した4芯構造の電源ケーブル「EVO-1304H AC」(1.2m 33,600円 / 1.8m 36,000円)を「Evolution」ブランドから新発売。

 「EVO-1304H AC」は、従来より0.45mm太い導体を採用し、力強さとスピード感を追求した製品。制振性も追求し、介在にはシルクが追加されています。導体素材は、国産プレミアム・バージンの無酸素銅。採掘された銅鉱石を再生素材と混ぜることなく精錬するという同素材は、市販ケーブルでは使用されないスペシャルグレード。絶縁体、プラグ接点、被覆材に至るまで、適切な設計とチューニングを図った高品質なカスタムメイド素材を採用しており、特にプラグには貴金属をふんだんに投入。強度と導電性を高めるため、独自技術によるMPC(マルチ・プロセス・クライオ)処理を行なった特製のPSEプラグを採用しています。同社では、高い信頼性を確保すべく、世界最高レベルの技術と設備を有する日本国内のISO取得工場で生産しています。

最終更新:5/25(木) 17:59
CDジャーナル