ここから本文です

上原に大きな刺激!対談相手が全国身体障害者野球大会で優勝

5/25(木) 11:31配信

東スポWeb

【イリノイ州シカゴ発】カブスの上原浩治投手(42)は24日(日本時間25日)、本拠地リグリー・フィールドの左翼付近で冷たい北風を受けながら入念にストレッチ、ランニングメニューをこなしたあと、ブルペンコーチらを相手に、助走をつけた投球練習などキャッチボールを15分ほど行い、ジャイアンツ戦に備えた。

 更新したばかりの自身のブログでは、昨オフに行われたテレビ番組の収録で対談し、肩回りのトレーニング方法やスプリットの投げ方も伝授した神戸コスモスの宮下拓也さんが、全国身体障害者野球大会で優勝し、最優秀選手賞に輝いたニュースに「彼に負けないように、もっと頑張らなあかんね。本当におめでとう」などとつづった。新たな環境でのプレーに「まだ(勝手が)分からないですね」と話す上原は大きな刺激を受けていた。

最終更新:5/25(木) 11:34
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報