ここから本文です

【ボクシング】亀海喜寛 4階級制覇の強敵と初世界戦

5/25(木) 11:31配信

東スポWeb

 WBO世界スーパーウエルター級5位の亀海喜寛(34=帝拳)が8月26日に米ロサンゼルスで、同級1位のミゲル・コット(36=プエルトリコ)との王座決定戦に臨むことが明らかになった。当日のメーンイベントで行われる。

 元日本Sライト級&東洋太平洋ウエルター級王者の亀海は、今回が世界初挑戦。一方のコットはSライトからミドル級までの4階級制覇を達成した実績を持つ。日本のファンにも根強い人気があり、日本人選手が対戦したボクサーの「格」では歴代最高といっていいトップレベルだ。

 WBOの現同級王者は「カネロ」ことサウル・アルバレス(26=メキシコ)だが、9月16日にWBAスーパー、WBC、IBFミドル級統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(35=カザフスタン)と対戦することに伴って返上するため、決定戦が行われることになった。

最終更新:5/25(木) 11:37
東スポWeb