ここから本文です

榮倉奈々、安田 顕のW主演映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」来春公開

5/25(木) 17:59配信

CDジャーナル

 2010年「Yahoo!知恵袋」に投稿されるや大きな注目を集め、楽曲・動画・コミックエッセイとメディアミックスで広がった“ある質問”が、松山ケンイチ主演『デトロイト・メタル・シティ』(2008年)や、堤 真一主演『神様はバリにいる』(15年)など多くのヒット作を手掛けたコメディの名匠・李 闘士男監督により実写映画化。榮倉奈々、安田 顕がW主演を務める「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」は2018年の春公開予定です。

 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか――。本作は、ある時はワニに喰われて、ある時は銃で撃たれて、またある時は頭に矢が刺さって……次第にエスカレートしていく妻の“死んだフリ”を軸に、結婚3年目の夫婦の独特なコミュニケーションを描くハートフル・ラブ・コメディ。不思議な行動を繰り返すぶっ飛んだキャラクターの妻“ちえ”を榮倉奈々、普通で冷静なちえの夫“じゅん”を安田 顕(TEAM NACS)が演じるほか、小出恵介、野々すみ花らが出演しています。

©2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

最終更新:5/25(木) 17:59
CDジャーナル