ここから本文です

菅田将暉、ダメ出しに平謝り…オーディションでつかんだ中学生役!

5/25(木) 13:23配信

シネマトゥデイ

 俳優の菅田将暉が25日、都内で行われた映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公開アフレコイベントにて、声優初挑戦にして大勢の報道陣の前でアフレコに挑んだが、スタッフからの本気のダメ出しに平謝りだった。同じく声優を務める広瀬すず、宮野真守も出席した。

【写真18枚】この広瀬すずが可愛すぎて…

 岩井俊二監督の傑作ドラマを、『モテキ』『バクマン。』の大根仁が脚本、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズの新房昭之が総監督を務めアニメーション映画化した本作。とある海辺の町を舞台に、中学生のなずな(広瀬)と彼女に思いを寄せる典道(菅田)の繰り返される夏の1日を描くラブストーリーだ。

 本役を「オーディションで勝ち取ってやったぜ!」と明かす菅田は、「だんだん初体験が減ってくるもので、このみずみずしい中学生役も今やっておかないと後々できなくなるだろうなと思って、チャレンジの意味も含めて挑ませてもらった」と当初の心境も吐露。そして、「大先輩のお二人に助けていただいて、すごく楽しかったです」とアフレコ現場での様子を振り返った。

 しかし、この日は緊張しきりで、広瀬が「手汗がすごい」と苦笑いすると、菅田も「とんでもないことだよね」と同調。さらに、「地獄とまでは言わないですけど、エンターテインメントにおいて未完成な状態の自分を見られることがないので、どうしていいやら……」と困惑した表情を見せながら、4シーンのアフレコに臨んだ。

 そんな中、微妙に台詞の出だしがずれてしまったことをスタッフから指摘された菅田。「公開アフレコでダメ出し?」と目を丸くする宮野に、「俺もあっ……と思いました」と驚きを隠せない菅田だが「すいませんでした。ごめんなさい。本当に反省しています。今後このようなことがないように気をつけます」と平謝りして、報道陣の笑いをさらった。

 終了後、広瀬は「見られている中でお芝居するのが初めてだったので、すごい新感覚」とうれしそうに話すと、菅田は「『裸なのに服を着ています』みたいな顔をしなければいけない恥ずかしさ……。緊張しました」と独特の感性で感想を語った。(取材/錦怜那)

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は8月18日より公開

最終更新:5/25(木) 14:21
シネマトゥデイ