ここから本文です

阪神・金本監督、怒!ベンチ蹴った「僕らの指導力不足」五回無死三塁で大拙攻

5/25(木) 6:03配信

デイリースポーツ

 「阪神1-3巨人」(24日、甲子園球場)

 最低限のことができない。ヒットでなくとも入るはずの1点が入らない。上本の一発で完封負けは阻止したが、阪神・金本知憲監督は「五回がすべてでしょ」と語気を強めた。そして「これだけ言ってもできないんだから、僕らの指導力不足ですね」と連敗の責任を背負う。

 巨人先発・吉川光に四回までパーフェクトに抑えられ、0-0で迎えた五回だった。先頭の福留が右翼フェンス直撃の三塁打で出塁した。無死三塁と絶好の先制機で打席に入ったのは中谷。相手の内野陣は前進守備を敷かず、1点は仕方ないというスタンスだった。

 最低限、二遊間へ内野ゴロを転がせば先制点が奪える場面。だが中谷は初球、高めの直球に手を出して空振り。カウント3-1から低めの緩い変化球を引っ張り込んでファウルにした。最後は低めの直球を打ち上げて浅い右飛。三塁走者の福留をかえせなかった。

 昨年から若手にはケースバッティングの重要性を訴えてきた。いつも打てるとは限らない。それでも勝つためには、どんな方法でも1点を奪わなければならない。

 中谷の打席からは最低限、ゴロを打つ意識は感じられなかった。さらに鳥谷の死球後、指揮官は「きょうはもう1点勝負。今の北條に右のサイドはきつい」と1死一、三塁から左の代打・伊藤隼を告げた。しかし初球、打つべき球ではない緩い変化球を打ち損じて投ゴロ。福留は三本間で憤死し、金本監督はベンチを蹴って怒りをにじませた。

 「1点取れば向こうの出てくるピッチャーも変わってくるし、違った流れになったと思う」と言い切った指揮官。好投の能見を援護できず「しっかり反省して取り返してあげないと。能見に勝ちが付けられるように」と訴えた。糸井が大不振に陥る今だからこそ、増す1点の重要性。3連敗を阻止するため、個々に“最低限の仕事”が求められる。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 12:15