ここから本文です

沖縄返還45年に上間綾乃がアルバム『タミノウタ~伝えたい沖縄の唄』リリース 東名阪ライヴハウスツアーも開催

5/25(木) 17:59配信

CDジャーナル

 沖縄で培った歌声と個性溢れる表現力で、昨年発表のアルバム『魂うた』が好評となった上間綾乃が、沖縄返還45年を迎えた今年、6月21日(水)に5枚目のアルバム『タミノウタ~伝えたい沖縄の唄』(COCP-39983 2,800円 + 税)をリリース。

 本作には、沖縄民謡として広く親しまれている「てぃんさぐぬ花」「安里屋ユンタ」「さとうきび畑」や、THE BOOMの名曲「島唄」に沖縄の歌詞をつけた「島唄 南の四季」といった楽曲のほか、三線の弾き語りとピアノサウンドが中心の新録9曲を加えた16曲入り。捕虜(Prisoner of War)の悲痛な心情を今に伝える「PW無情」、ひめゆり学徒隊を切々と描いた数え唄「ひめゆりの唄」など、“唄者・上間綾乃”が唄い継ぐべき民謡も初収録されています。

 アルバムを携えて、8月からは東名阪を回るライヴハウス・ツアー〈上間綾乃LIVE 2017~タミノウタ〉がスタート。8月7日(月)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA、8月9日(水)愛知・名古屋 NAGOYA Blue Note、9月5日(火)東京・丸の内 COTTON CLUBでの開催が決定しています。チケットは6月上旬より販売予定。

最終更新:5/25(木) 17:59
CDジャーナル

Yahoo!ニュースからのお知らせ