ここから本文です

<夜明け告げるルーのうた>松江哲明監督が「尋常じゃない涙が出た」と絶賛 湯浅監督とトークショー

5/25(木) 21:40配信

まんたんウェブ

 劇場版アニメ「夜明け告げるルーのうた」(湯浅政明監督)のトークイベントが25日、TOHO シネマズ日本橋(東京都中央区)で行われ、湯浅監督と映画「ライブテープ」やドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」などの松江哲明監督が登場した。松江監督は、湯浅監督のファンだといい「中毒性のある作品。(主人公の)カイが歌うシーンは尋常じゃない涙が出た。すごいところに連れて行ってくれる」と絶賛。湯浅監督は、カイが歌うシーンについて「吐き出すように歌えれば、成功だと思った」と話した。

【写真特集】“鬼才”湯浅監督 「ルー」の映像表現を語る アイデアの源は…

 また、湯浅監督は、同作のヒロインで、素直な性格な人魚のルーについて「可愛らしくて素直な子はなかなかいない。単純だけど力強さのある子になればと思った」とコメント。また、松江監督は、作品に漂う死のイメージを指摘したが、湯浅監督は「死生観は最初、描くつもりはなかった」と明かした。

 「夜明け告げるルーのうた」は、 テレビアニメ「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」などで知られる湯浅監督が手がける初めての完全オリジナルの劇場版アニメ。寂れた漁港の町・日無町に住む中学生のカイが、人魚のルーと出会い、交流を深めることで次第に心を開いていく……というストーリー。女優の谷花音さんがルー、俳優の下田翔大さんがカイを演じている。

最終更新:5/25(木) 21:40
まんたんウェブ

Yahoo!ニュースからのお知らせ