ここから本文です

韓国発サバイバルゾンビホラー「新感染」9月に公開決定、感染者うごめく特報も

5/25(木) 12:00配信

映画ナタリー

韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」が9月1日に公開決定。あわせて特報も解禁された。

【写真】「新感染 ファイナル・エクスプレス」ティザービジュアル(他1枚)

本作は釜山行きの高速鉄道の車内で、凶暴化した感染者たちから逃げ惑う人々を描いたサバイバルゾンビホラー。主演を「トガニ 幼き瞳の告発」のコン・ユが務めるほか、「ソニはご機嫌ななめ」のチョン・ユミ、「悪いやつら」のマ・ドンソクらがキャストに名を連ねる。「豚の王」「サイビ」などの長編アニメーションを手がけてきたヨン・サンホがメガホンをとった。

特報はサイレンの鳴り響く中、ソウルを列車が出発する場面から幕開け。密室の列車内で感染が拡大し慌てふためく人々の様子や、走行中の列車を一斉に追いかける感染者たちの姿が切り取られていく。さらにこのたび公開されたティザービジュアルには樋口真嗣、ジェームズ・ガン、ギレルモ・デル・トロ、イーライ・ロス、エドガー・ライトほか、映画監督や俳優からのコメントが掲載されている。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」は、9月1日より全国でロードショー。なおヨン・サンホが監督を務めた本作の序章にあたる長編アニメーション「ソウル・ステーション/パンデミック」も、9月30日より公開される。





(c) 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

最終更新:5/25(木) 12:00
映画ナタリー