ここから本文です

アルアイン“馬主”山本昌さん 1口250万円出資…競馬でこんなに感動できるんだ

5/25(木) 6:04配信

デイリースポーツ

 2冠を狙うアルアインの皐月賞表彰式。元中日ドラゴンズ投手で、野球解説者の山本昌広さん(51)が口取りに参加した。同馬はクラブ馬主サンデーレーシングの持ち馬で、山本さんは40口のうちの1口に出資する、いわゆる“一口馬主”。日本ダービーを目指す愛馬にまつわる愛情たっぷりの話を聞いた。

  ◇  ◇

 -アルアインを所有するきっかけは。

 「知り合いに紹介していただいて入会して、2頭買ったのが最初です。2年目にアルアインを指名したんですね」

 -最初の印象は。

 「遅生まれ(14年5月1日生まれ)でね。ビデオを見て、馬格があって、歩いているシーンがあるんですけど、歩くとものすごくスムーズで」

 -当時と変わってきたところは。

 「(ビデオで見た時は)390キロくらいで小さかったんですよ。でも、脚が長いので、背が伸びるかな、体重が増えるかなと。ディープインパクト産駒は最近だと500キロくらいの方がよく走っていたので。遅生まれで、脚が長いから、もしかしたら500キロくらいになるかなと思って買ったんです」

 -昔から競馬には興味が?

 「選手を辞める2、3年くらい前から2軍生活が長くなって、まあ、G1ならいいかなって馬券を買い始めました。その頃、オルフェーヴルとかで、サンデーレーシングの勝負服がかっこいいなあと思ってたんです」

 -馬の見方は誰から教わったのか。

 「いや、僕はいろいろ研究する方なんで。歩様と、歩幅の大きさとか見ますね。アルアインは2軍の大阪遠征の時に、夜1人でビデオを眺めていたのを覚えてます。アルアインにしようか、マルペンサ(母名、子の名前はリナーテ=サトノダイヤモンドの半妹で現在2戦1勝)にしようか迷っていたの」

 (続けて)

 「もう、この2頭のビデオを繰り返し見て。まだ、サトノダイヤモンドが走る前ですよ?2頭に絞って、ずっとホテルで何回もビデオを見直して、それでアルアインの方にしました。まさかこんなふうになるとは」

 -皐月賞を勝った瞬間は。

 「野球ではあんまり泣いたりしなかったけど、競馬でこんなに感動できるんだって思いました。ずっと馬の情報の更新を楽しみにしてね。育成時代は1カ月に1回、厩舎に入ると1週間に1回とか読みながら。まさか、G1に行くとは思っていなかったです」

 -口取りにも参加した。

 「クラブに連絡して、申し込んで。それでやらせてもらいました。感動しましたね。同じ出資していらっしゃる方とお会いして、こういう楽しみ方があるんだなと」

 -思い出に残っているダービーは?

 「やっぱりディープインパクトですね。負けていない馬が勝っていくのはすごい。武(豊)君はよく知っているし、頑張れという思いで見ていました。三冠馬になり、凱旋門賞に挑戦した。アルアインが二つ目を勝つと、もしかしたらっていうこともあるんでね。海外にもついていこうかなと」

 -松山にはどんなイメージが?

 「動揺しない子だなってすごく思いますよ。我慢強い子なんだなっていうのと、おしとやかですね。あのガッツポーズの仕方とか見ると、あっ、応援したいなという。オラーッというんじゃなくて、かわいいポーズで(笑)」

 -松山はアルアインについて、すごく乗りやすくて、勝負根性がある馬だと話していた。

 「そうなんですよ。唯一の敗戦だったシンザン記念でも、あれだけ挟まれて、ブレーキかけて止まりそうになって、それでも馬群を割ってくるんで、大したものだと思いましたね」

 -6着敗退にも手応えがあった?

 「そうですね。それにあの時勝っていたら、全勝で皐月賞へ行っているので、もっと人気になって、変なプレッシャーがあったかもしれない。そういうところも逆にツイてるなと」

 -ダービーでは上位人気に推されそうだ。

 「全勝で皐月賞馬だったら、人気になるはずだけど、レイデオロがいて、アドミラブルがいて、サトノアーサーがいて、もしかしたら3、4番人気になるかもしれない。そういう面では松山君もツイてるかも。変なプレッシャーがなく競馬ができるんじゃないかと思うんで」

 -レースへの思いを。

 「そりゃ、勝つ負けるは、勝ってほしいけど、いい騎乗して、人も馬もけがなく終わればいいですよ」

  ◇  ◇

 ※一口馬主 クラブ法人が馬主として所有している競走馬に出資する方法。馬主資格を取得するには年収などの審査があるが、クラブ法人は何口かに分けて出資を募るため、少ない額でも参加が可能。アルアインの場合は、1口250万円で、40口の募集があった。馬の獲得賞金から調教師、騎手、厩務員への進上金など、必要経費が引かれた分が出資口数に応じて配分される。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ