ここから本文です

【ダービー】アーサー豪快デモ披露 直線はじけた3馬身半先着 川田「いい内容」

5/25(木) 6:04配信

デイリースポーツ

 「日本ダービー・G1」(28日、東京)

 気持ちを懸命に制御した。サトノアーサーは24日、栗東CWでトーセンレーヴ(9歳オープン)との併せ馬。パートナーの2馬身後方で手綱をがっちりと持って我慢させると、直線では一気にはじけて3馬身半先着。4F52秒9-38秒3-11秒8と迫力十分の豪快なデモを披露した。

 「3週続けて乗りましたが、先週よりもいい内容でした」と、手綱を取った川田が満足げに語ると、見守った池江師も「追うごとに良くなっている」とうなずいた。

 きさらぎ賞は重馬場に脚を取られて2着。その後は皐月賞か、毎日杯の二つのプランがあった。普通に選択するならクラシック三冠レース1冠目の皐月賞だが、陣営はあえて毎日杯を選択した。その毎日杯でも2着。だが、あくまでも目標はダービーだった。

 史上3人目のダービー連覇を目指す川田は「新馬戦の前からダービーに向けてできることはやってきました。あとは無事に当日を迎えることができれば」と気持ちを引き締める。2億円を超える良血がつかんだ頂点の舞台。持てる力を全て注ぎ込むべく、府中へと向かう。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ