ここから本文です

【ニュル24時間】スバル、新型WRX STI でクラス3連覇を目指す

5/25(木) 17:47配信

レスポンス

スバルテクニカインターナショナル(STI)は、5月25日から28日に開催される「ニュルブルクリンク24時間レース」に、新型『WRX STI』ベースの車両で参戦する。STIの参戦は今年で10年目。

[関連写真]

新型WRX STIは、欧州有力メーカーが多数参戦する2.0リットル以下のターボエンジン搭載車クラス「SP3T」に参戦し、同クラスでの3年連続、5度目の優勝を目指す。参戦車両は加速性能とトップスピードを高めるために、エンジン出力の向上、パドルシフトの採用、トランスミッションの改良を施し、あわせて、シャシージオメトリーの最適化、剛性バランスの改善、車体の軽量化、慣性モーメントの低減、フロントダウンフォースの向上なども行い、ベース車の基本性能を極限にまで高めた。

チーム監督は昨年に引き続きSTIの菅谷重雄氏が担当。ドライバーは2連覇のメンバーである、カルロ・ヴァン・ダム選手(蘭)、マルセル・ラッセー選手(独)、ティム・シュリック選手(独)、山内英輝選手の布陣で挑む。また今年もスバル販売店から選抜された6名のメカニックがチームに参加し、レースをサポートする。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:5/25(木) 19:15
レスポンス