ここから本文です

ムバッペが移籍に関して掲げる条件とは?「僕の年齢では試合に出ることが必要」

5/25(木) 7:12配信

GOAL

モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、移籍のうわさに言及している。

今季の活躍で瞬く間にビッグクラブが熱視線を送る注目銘柄となったムバッペ。イタリアではインテルが7000万ユーロ(約85億円)の移籍金を、イギリスではマンチェスター・シティが1億1000万ユーロ(約135億円)の移籍金を用意していると報じられるなど、18歳FWをめぐる獲得レースは激化の一途をたどる。

だが当の本人は冷静さを失っていない。ムバッペは『BEIN Sports』で移籍に関して次のように語った。

「クラブが僕を見放さない限り、僕はモナコに残る。スポーツ的な観点、自分のキャリアを考えて決断を下すつもりだよ。それが一番重要な部分だからね。僕の年齢では、大事なのは試合に出ることだ」

「今シーズンは試合に出ることができた。それが最も基本的なところだ。それから家族の問題がある。僕たちは何度も離れ離れになってきたから、今は一緒に暮らしたいと思っているんだ」

ムバッペはあくまで試合に出る必要性を説いている。

「僕は30歳の選手じゃない。プレーしなければいけないんだ。試合時間を調整するような年齢ではない、ということ。僕はキャリアを始めたばかりで、自分の力を証明する必要がある」

「今年は発掘の一年だったわけで、次はそれを確信に変えなければならない。それは本当に重要だ。僕はできる限りの努力をして、その段階を早く超えられるようにしたい。僕と家族が決断を下せる唯一の存在だ。自分の成長を妨げるようなところには行かない。決断するのは自分で、僕はそれを受け入れる」

GOAL

最終更新:5/25(木) 7:12
GOAL