ここから本文です

がん闘病中の垣原賢人さん 8・14後楽園で藤原と復帰戦

5/25(木) 18:35配信

東スポWeb

 UWFインターナショナルなどで活躍し、悪性リンパ腫で闘病中の元プロレスラー・垣原賢人さん(45)が25日、都内で会見し、8月14日に東京・後楽園ホールで復帰戦を行うと発表した。

 テーマは「新生UWFの世界観」で、垣原さんは「UWF道場スパーリングマッチ」として藤原喜明(68)と対戦する。「新生UWF在籍時、藤原さんとスパーリングをしたことがなかった。がんを克服してファイトをされているので、そういった部分での強さも体感したい」。

 垣原さんは2014年12月に悪性リンパ腫を患っていることを公表し、闘病生活を続けてきた。1年半続いた抗がん剤治療は中断し、現在は経過観察の状態。「非常に体調はいい。少しずつですがスパーリングも始めている。ただ血液のがんなので簡単に克服できるものじゃないと考えている」と説明した。

 今大会は15年8月18日に垣原さんを応援する「カッキーエイド」(後楽園)の開催をバックアップした大日本プロレスが全面協力。このほか船木誠勝VS田中稔、丸藤正道VS冨宅飛駈が発表され、全5~6試合が予定されている。垣原さんは「正直、まだ不安もあるが、目標を持ったことで意識改革できている。リングに上がることで強くなっていくと思う。ベストな姿をお見せしたいし、必ず克服しようと思う」と力強く誓った。

最終更新:5/25(木) 19:30
東スポWeb