ここから本文です

松坂桃李 NHK朝ドラ共演・葵わかなの印象は「ひと言では言い表せない」

5/25(木) 20:09配信

東スポWeb

 10月2日からスタートするNHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」のヒロイン「藤岡てん」を演じる女優・葵わかな(18)と、てんの夫「北村藤吉」を演じる俳優・松坂桃李(28)が25日、京都市の松竹撮影所で取材会を開いた。

 葵は鮮やかな赤の着物姿。松坂は青を基調とした旅芸人一座という奇抜な衣装で登場した。

 同ドラマは19日にクランクイン。葵は「クランクインから1週間くらい。普段は私はショートカットなんですが、カツラをつけてお衣装も豪華で気に入ってます。とても気分が上がって、始まったんだな、楽しいなって思ってます」とほほ笑んだ。

 撮影を控え、体調管理に気をつけていたというが、初日に風邪をひいてしまい「『あー、やってしまった』と思いました。2日目くらいに(具合が)怪しくなって、スタッフさんに風邪をひいたことを打ち明けたら、『てんちゃん、大丈夫? 鼻かむ? 熱い? 寒い?』と話しかけてくれました。親身に話しかけてくれて『温かいな』と思いました」と明かした。

 一方、2012年上半期の「梅ちゃん先生」以来の朝ドラ出演となる松坂は「(撮影に)入る前は『帰ってきたんだな』って感じがするのかと思ったんですが、全然違いました。大阪での朝ドラは初めてなので、帰って来た感ではなく、新鮮な気持ちでした」と話した。

 葵の印象については「まだまだ魅力が隠れている感じで、ひと言では言い表せない。あと、3か月か4か月したらお話できると思うので、また取材に来てください」とけむに巻いたが、「本当に困った時はとことん甘えればいいし、一人で作れるものでもない。みんながみんな助け合い、甘えあえばいい」と長丁場の撮影に向けて協力する姿勢を示した。

最終更新:5/25(木) 20:09
東スポWeb